樹液の流れの現象

樹液の流れの現象

樹液の注入は、3月と4月に行われます。光合成現象により、すぐに吸収される二酸化炭素を固定することができます。二酸化炭素は、デンプンの合成(代謝産物の保持)、呼吸、またはスクロースおよびその他の炭素化合物の合成に使用されます。夏の間に蓄積したこの澱粉は根に保存されます。春になると、澱粉は活性を回復する酵素によってby糖に変換されます。メープルウォーターの糖度は平均で2〜3%ですが、スクロースに加えて少量のグルコースがあります。したがって、この水には、無機塩、ペプチド、アミノ酸、アミラーゼ、および特定の成長調整剤など、春の植生の回復に必要なすべての要素が含まれています。

樹液の流れの現象

鋳造現象は気温と密接に関連しています。夜間の凍結状態とそれに続く日中の高温が不可欠です。鋳造は2つの段階で行われます。寒い夜(最低-5oC)に行われる吸収段階と、温度上昇時に行われる浸出段階です。樹液は、枝が最も低温凍結にさらされると、木のてっぺんに引き付けられます。温度が氷点(5oC付近)を超えると、樹液は再び液体になり、重力によって木の底まで下がります

要約すると、春の雪解けの間に、カエデは澱粉を砂糖に変換します。砂糖はカエデの根が吸収した水と混ざり、その樹液をわずかに甘くします。これはメープルウォーターと呼ばれ、メープルシロップになります。

樹液は、3月の初めから約6〜8週間このように循環し、成長するために必要なエネルギーを樹木に提供します。カエデの春の収穫には砂糖の5%しか蓄えられていないため、木は健康を維持するために必要なものすべてを保持します。

コメントを残す

×
×

カート